ハーレクインシリーズ

言わずと知れた、禁断の果実。こんな信じられない世界があるなんて・・・もうどっぷり嵌っています。ロマンス万歳ハーレクインシリーズ万歳
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

結婚という名のビジネス―求む、妻〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
結婚相手紹介会社〈求む、妻〉を営むナタリーのもとに、ある日、新しい客が訪れた。会社経営者なのに兵士のように見えるその男性マイクは、一カ月後には結婚していたいという。仕事に必要な便宜上の結婚であり、すぐに離婚するつもりだとも。偽りの結婚に相手は紹介できない。ナタリーは断ったが、マイクは、花嫁への報酬として二百万ドルを提示してきた。そんな大金があったら、両親の借金を返済してあげられるのに…。ナタリーは気がつくと、自分でも信じられないことを口走っていた。「わたしではどうかしら?」。

内容(「MARC」データベースより)
結婚相手紹介所を営むナタリーのもとに、新しい客が訪れた。その男性マイクはすぐに結婚したいという。仕事に必要な便宜上の結婚であり、すぐに離婚するつもりだとも。偽りの結婚に相手は紹介できないと、ナタリーは断るが…。

ぼくのせかいをひとまわり (単行本)

Amazon.co.jp
   子ウサギにとって、世界は「ボクのスリッパ。/ボクのパジャマ。/パパのパジャマ」。そして、「ママのいす。/ボクのいす。/背の低いいす。/背の高いいす。/でもまちがいなくボクのいす」といった言葉に凝縮されている。    マーガレット・ワイズ・ブラウンとクレメント・ハードによる『My World』が、30年ぶりに復刊となった。姉妹版である名作絵本『Goodnight Moon』(邦題『おやすみなさいおつきさま』)と同様、幼い子どもたちを元気づけ、彼らの心を魅了する。『Goodnight Moon』と同じスタイルで、「歯を磨き、朝ごはんを食べ、魚釣りに行き、本を読んでベッドにもぐりこむ」といった子ウサギの家族の1日を描写する。どんどん広がっていく子どもの世界は、白黒とカラーのページを交互に使って描かれている。ある場面では、青いつなぎ姿の子ウサギが、楽しそうに木製のトラックを修理し、おそろいのつなぎ姿のパパが、ガレージのすぐ外で本物の車を修理している。    最近『Goodnight Moon』のとりこになった人々は、50年以上も前に創作されたこの絵本の中に、おなじみの登場人物やイラスト、やさしくリズミカルな文章を発見し、大喜びするだろう。同様に、昔からのファンの人々も、わくわくするにちがいない。 --このテキストは、 ハードカバー 版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)
『おやすみなさいおつきさま』が出版されて2年後、マーガレット・ワイズ・ブラウンとクレメント・ハードは、ふたたび共同で絵本を作りました。それが、この『ぼくのせかいをひとまわり』です。あのうさぎくんの、身近な世界がえがかれています。“おおきなみどりのへや”の外、小さなうさぎくんの世界をたのしんで。

奔放な一夜の行方 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
結婚まではバージンを守りたい。それがミアの信条だった。なのに、パーティで出会ったばかりの男性と一夜をともにし、妊娠してしまった。恥ずかしさのあまり、相手の名前もきかずに逃げ出したけれど、すばらしい一夜を後悔はしていない。一人でこの子を育ててみせる。ある日、ミアは友人の家のパーティに招かれた。豪華な客間に足を踏み入れ、長身の男性が振り向くなり凍りついた。なんてこと。あの夜、奔放に愛し合った男性が友人の兄で、カレデス企業グループの総帥ニコロスだったなんて。

内容(「MARC」データベースより)
結婚まではバージンを守りたい。それがミアの信条だったのに、パーティで出会ったばかりの名も知らぬ男性と一夜をともにし、妊娠してしまった。しかし後日彼女は知る。彼はカレデス企業グループの総帥ニコロスだったのだ!

ハーレムの花嫁 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
地中海を渡る途中、エレナの乗った船が海賊に襲われた。父を失い、弟と生き別れて、彼女はオスマン帝国のハーレムへ売り飛ばされた。ハーレムの主スレイマンは、イングランド貴族を母に持つ男。異教徒など野蛮だと思っていたエレナから見ても、彼は知的で洗練された美丈夫だった。しかし、国へ帰してくれと必死にすがるエレナに、スレイマンは非情にもこう言い放った。「決してここからは出られない。おまえは私のものだ」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ヘリス,アン
美容師として働くうちに生来の想像力が鍛えられ、小説執筆の道に開眼したという。イギリスのハーレクイン社から最初の作品を出したのは1981年。以来、約30作のヒストリカル・ロマンスを刊行している。イギリス摂政時代の社交界、中世の古城、オスマン帝国のハーレムと、さまざまな舞台を背景に描く実力派。英ケンブリッジ在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

シチリアで散る愛 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
マクシモスに捨てられてから半年がたつというのに、カサンドラはいまだ抜け殻のような生活を送っていた。体だけの関係ではなく愛が欲しいと彼女が求めたとたん、背を向けて去っていったマクシモス。切ないほど彼を求めてしまう気持ちは、いつになったら消えるのだろう。そんなある日、彼の仇敵であるエミリオが現れ、マクシモスの妹の結婚式に、恋人同士を装って出席しようと言ってきた。カサンドラはさんざん悩んだすえ、マクシモスに会う唯一の手段であるその誘いに乗った。最後にもう一度彼に会い、思いを断ち切るために。

内容(「MARC」データベースより)
マクシモスに捨てられ半年たっても、カサンドラは抜け殻のような生活を送っていた。そんなある日、彼の仇敵エミリオが現れる。マクシモスにもう一度会って思いを断ち切るために、エミリオの誘いに乗るカサンドラだが…。

涙の手紙 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
ブライアナは手にした封筒をじっと見つめた。これこそ実母が私に遺した、ただひとつのもの。愛情深い養父母のおかげで、私は幸せに暮らしてきた。自分を捨てた女性については考えたことさえなかった。それなのに、実母が弁護士に遺書を託していたなんて。これを読んだら今までの平穏な生活が、あっという間に崩れ去ってしまいそうな予感がする。思い悩むブライアナを、冷血弁護士として名高いネイサンが、気遣うような青い瞳で見守っていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
モーティマー,キャロル
1978年にイギリスでデビューして以来、これまでに刊行された作品は実に100冊を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

翡翠色の情熱 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
テレビリポーターのアリアンはカメラマンをともない、著名な実業家で大富豪のマノロの屋敷を訪れた。週末の二日間、屋敷に泊まりこんで、彼を題材にした番組のビデオ撮りを行う予定だ。その撮影の最中、アリアンは赤ん坊の泣き声を耳にした。生後半年の、マノロの娘クリスティーナだわ!あやしたいという衝動を抑えられず、手を伸ばしたアリアンに、翌日マノロは驚くべき提案をする。クリスティーナがなつかないため出ていった子守りの代わりに、何日か屋敷に残って娘の面倒をみてくれないか、と。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。学校を卒業して、法律事務所で秘書をしたのち、二十一歳のときに友人とともにワーキングホリデー制度を使ってオーストラリアにわたる。メルボルンで数カ月働き、北クイーンズランドのたばこ農園を手伝っていたときにイタリア人男性と知り合い結婚した。その後三人の子供に恵まれ、子供たちや友人にたばこ農園の話を聞かせているうちに小説を書くことを思いついたという(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

氷の令嬢 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ある晩餐会で、そのまなざしを感じたとたん、ポーシャの運命は狂い始めた。まなざしの主は、ディエゴ・サエス。やり手の実業家で、次々に女性をものにするプレイボーイだ。晩餐会の夜以来、ディエゴは執拗にポーシャにアプローチをかけてくる。まるで狩りを楽しんでいるかのように。お金さえあれば、女性はみんな思いのままになると思っているのね。ついに業を煮やしたポーシャは、冷たい口調でディエゴに言い放った。「私があなたのような人と関係を持つと思うの?」その瞬間、彼の表情が一変し、ポーシャの背筋に戦慄が走った。

内容(「MARC」データベースより)
ある晩餐会で、そのまなざしを感じたとたん、ポーシャの運命は狂い始めた。まなざしの主はディエゴ・サエス。やり手の実業家で、次々に女性をものにするプレイボーイ。ディエゴは執拗にポーシャにアプローチをかけてくるが…。

あなたへの旅路 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『幸せの蜜の味』―父の葬儀に出席するため、リーは六年ぶりにシドニーに帰ってきた。横暴な父が亡くなった今、残された家族と仲直りできるかもしれない。だが、リーの期待は見事に裏切られた。いたたまれない雰囲気の中、いちばん顔を合わせたくない人物が声をかけてきた。父の築いた企業帝国の後継者―リチャード・シーモアだ。動揺するリーに彼は突然言った。「君と結婚したい」。『花嫁の反抗』―リアの夫は、リゾート開発会社社長ジェラード・ウッドワード。新婚ほやほやだというのに、仕事にかまけて妻を顧みようともしない。ついにある日、リアは夫が友人に告げた言葉を偶然耳にしてしまう。「結婚を長くもたせるこつは、愛していない女と一緒になることだ」リアはブリスベンの家を飛び出し、遠く離れた場所で暮らし始める。ところが、心の傷も癒えかけたころ、不意にジェラードが現れ…。

内容(「MARC」データベースより)
父の葬儀でリーはシドニーに帰ってきた。そこへ、リーが一番顔を合わせたくない人物、父の築いた企業帝国の後継者でもあるリチャードが声をかけてきた…。2001年刊「幸せの蜜の味」と1999年刊「花嫁の反抗」の合本。

セラフィーナ (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
家柄がよくて利口すぎず、従順でつつましやかで、口答えもせず、見目うるわしい娘。そんな娘がもしもいるなら、結婚を考えてもいい。男爵家の当主チャールズ・デイカーは、故意に、かないそうもない結婚の条件を出していた。ところが驚いたことに、そんな娘がいたのだ。ミス・セラフィーナ・フェヴラルなら、結婚しても自由にやれそうだという気がした。自分の目に映っているのが、偽りのセラフィーナだとも知らずに。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
アンドルー,シルヴィア
英国の有名カレッジで長く副校長を務めていた。初めて小説を出版したのは1991年。以来、主にヒストリカルを手がけている。夫と、愛犬と共にイングランド南西部に暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

{電子たばこ} {美容外科} {高収入バイト情報} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {鶯谷・うぐいすだに} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {東京ぶらぶら} {台東紀行} {千葉の印刷なら千代田印刷} {アキバ中毒のページ} {GOGO!江戸川区!} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}

ooo千葉とんかつooo 千葉の酒蔵ooo 春日ちゃんのお散歩マップooo 豆千葉ドットコムooo 神奈川いいとこじゃん!ooo ビジネス.コレクションooo あまーい千葉スイーツタワーooo 寿司喰いねぇ~!ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 千葉のトピックス!ちばとぴっ!ooo ベビー、キッズ、マタニティ.コレクションooo ガシャポン戦死!ooo 千葉の城下町 千葉市のお城探訪!ooo 千葉のちょっといい景色ooo 山手線エリア~こだわり専門店~ooo 千葉県の自然ooo レジャー、アウトドア.コレクションooo 歴史千葉ooo 模型大好き!モデラー志願!!ooo リネージュIIクロニクル5ooo