ハーレクインシリーズ

言わずと知れた、禁断の果実。こんな信じられない世界があるなんて・・・もうどっぷり嵌っています。ロマンス万歳ハーレクインシリーズ万歳
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

愛を知る日まで (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ゾーイは幼いころに両親を亡くし、祖母の手で育てられた。厳格で冷淡な祖母は、愛情を示してくれたことなどない。そして亡き父の共同経営者の息子であるハビエは、ゾーイの淡い恋心を無惨にも踏みにじった―彼に抱きついてキスをした私を拒絶して。だが十九歳になった今、私はちゃんと自立してみせる。手に入らないものを追いかけるのはやめて、男友達のオリバーのプロポーズを受け入れよう。決意を口にしたゾーイに、ハビエは意外な提案をした。「そんなに結婚したいなら、僕としよう」。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ハミルトン,ダイアナ
イギリスの作家。ロマンチストで、一目で恋に落ち結ばれた夫との間に三人の子供がある。子供たちは独立し、夫と二人暮らし(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

十七歳の花嫁 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
父を訪ねてきたニックに会ったとき、リーはひと目で恋をした。こんなすてきな人のためなら死んでもいいとさえ父に言い、十七歳のリーはニックと結婚式を挙げた。だが、結婚初夜からずっと彼はリーに指一本触れようとしない。もう五年も、リーは砂を噛むような空疎な日々を送ってきた。ニックと別れる決心を固めた矢先、彼女は恐ろしい事実を知る。父がニックの家族の重大な秘密を握り、脅迫して、彼に結婚を承諾させたのだという。夫は、別れたくても私と別れるわけにはいかないのだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド出身。ロマンス作家の中でトップクラスの人気を誇る。大学で法律を学んでいた十八歳のとき結婚。この結婚は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。スリランカからの養子を含めた五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

キスは約束の味―愛を知らない男たち〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
夫を亡くしたサンディは、グレンウッドに越してきた。中学高校時代を過ごしたこの小さな町で子供たちを育てることにしたのだ。そんな彼女を、町でも有名なプレイボーイ一家、ヘインズ家の四男坊、カイルが待っていた。彼は十四歳のとき、兄のガールフレンドだった二歳年上のサンディに失恋して以来、彼女のことが忘れられずにいたのだ。サンディは彼の気持ちに気づきもしなかったが…。そして今、引っ越しの手伝いを申し出たカイルはすげなく断られてしまった。サンディにしてみれば、無責任で頼りない男とつき合うのは、亡夫だけでもうこりごり。目の前の、とびきりハンサムな年下の男は、まさにそんなタイプとしか見えなかった。

内容(「MARC」データベースより)
夫を亡くしたサンディは子供たちを連れ、中学高校時代を過ごしたグレンウッドに越してきた。そんな彼女を、ハンサムな青年カイルが待っていた。彼は14歳のときにサンディに失恋して以来、彼女のことが忘れられずにいたのだ。

愛を裏切った罰 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
どうしてデイビッドがここにいるの?デボラはアパートメントで待ち受けていた元婚約者を見て仰天した。三年前、彼と親友の浮気現場を目撃して衝撃を受けたデボラは、別れの理由も告げずにイギリスを去り、一度も帰省しなかった。デイビッドには、愛よりもキャリアを選んだと誤解させたまま。いま彼は、デボラの兄が交通事故に遭い危篤なので、すぐに戻れと言う。動揺してよろめく彼女に、デイビッドは嘲笑するように言い放った。「うまい芝居だな。もう少しで信じそうになった」彼は私のことを冷酷な女だと思っているんだわ。デボラは悔しさをこらえ、デイビッドとともに兄のもとに向かった。これから壮絶な復讐劇が始まるとも知らずに…。

内容(「MARC」データベースより)
どうしてデイビットがここにいるの? デボラはアパートメントで待ち受けていた元婚約者を見て仰天した。3年前、彼と親友の浮気現場を目撃したデボラは、別れの理由も告げずにイギリスを去り、一度も帰省していなかったのだ。

恋はオフィスで―隠された甘い果実・不機嫌な秘書 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『隠された甘い果実』―「今夜のパーティには、だれと一緒に行くつもりだい?」上司のジェームズがからかうように尋ねたので、ルーシーは腹が立った。分別くさい秘書に恋人などいるわけがないと思っているのだ。ルーシーはジェームズを見返したくて、罪深いほどハンサムな親友を同伴してパーティに出席した。それを目にしたジェームズは、ルーシーへの独占欲を燃え上がらせる。『不機嫌な秘書』―父親の頼みで、アシュリンは大企業ハミルトン社の役員を務めるはめになった。ところが、初めての役員会でとんでもない醜態をさらし、若き会長カーター・ハミルトンから辛辣な言葉を浴びせられてしまう。反感をつのらせるアシュリンに、ある日突然カーターから電話があった。有能な秘書がけがのために数週間会社を休むことになったから、できるだけ早く出社して助けてほしいというのだ。

内容(「MARC」データベースより)
「今夜のパーティには、だれと一緒に行くつもりだい?」 上司のジェームズがからかうように尋ねたので、ルーシーは腹が立った…。2001年刊「隠された甘い果実」と1998年刊「不機嫌な秘書」の合本。

夢見た騎士 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
エドワード黒太子に従って、ルーアークがフランスに渡って三年。つらい戦闘と行軍の日々が続いていた。ある日偶然、窮地の姫君を救った彼は、その顔を見て驚いた。ローナ!いや、ローナは死んだ。しかしなんと似ているのか。菫色の瞳の姫の名はローラン。名前まで亡き婚約者に似ている。ルーアークは一目で彼女が気に入ってその日のうちに司祭を呼び、姫君を妻にした。だが南部フランスの言葉がわからない彼は名前を聞き違えていた。彼女は呪われた一族の血を引くガブリエル・ド・ローランだった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バークレー,スザーン
1992年に『夢見た騎士』で北米デビューを飾り、以後、連作『愛のサマーヴィル』及び『サザーランドの騎士』の作品の数々で、名実ともにハーレクイン・ヒストリカルのトップ作家に躍り出た。1999年、惜しまれつつ他界した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

レディの条件 (文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
父の名代としてニール卿の結婚式に出向いたガレスはその道中、正体の知れぬ賊の一団の襲撃を受け、傷を負う。ようやくニール卿の城に到着すると、彼は何者かに殺されていた。どういうことだ?犯人を突きとめなければ。そう決意したものの、傷のせいで昏睡状態に陥り、地元の金細工師の家で看護を受ける身となる。世話をしてくれたのは、金細工師の孫娘アリ。死んだニール卿の花嫁となるはずだった美しい娘だ。一度目の結婚で煮え湯を飲まされたガレスは、美女には懲りていた。この娘も亡き妻と同じで、美貌を武器にのし上がろうとしたのか。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バークレー,スザーン
1992年に北米デビューを飾り、以後、連作『愛のサマーヴィル』及び『サザーランドの騎士』の作品の数々で、トップ作家に躍り出た。1999年他界(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛を裏切った罰 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
どうしてデイビッドがここにいるの?デボラはアパートメントで待ち受けていた元婚約者を見て仰天した。三年前、彼と親友の浮気現場を目撃して衝撃を受けたデボラは、別れの理由も告げずにイギリスを去り、一度も帰省しなかった。デイビッドには、愛よりもキャリアを選んだと誤解させたまま。いま彼は、デボラの兄が交通事故に遭い危篤なので、すぐに戻れと言う。動揺してよろめく彼女に、デイビッドは嘲笑するように言い放った。「うまい芝居だな。もう少しで信じそうになった」彼は私のことを冷酷な女だと思っているんだわ。デボラは悔しさをこらえ、デイビッドとともに兄のもとに向かった。これから壮絶な復讐劇が始まるとも知らずに…。

内容(「MARC」データベースより)
どうしてデイビットがここにいるの? デボラはアパートメントで待ち受けていた元婚約者を見て仰天した。3年前、彼と親友の浮気現場を目撃したデボラは、別れの理由も告げずにイギリスを去り、一度も帰省していなかったのだ。

買われた純潔 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ネルは病院のベッドで目を覚ました。自動車事故を起こし、救急車で運ばれた記憶がおぼろげながらある。ベッド脇で夫のアレクサンドロスが見下ろしていた。急な知らせを受けて、久しぶりにロンドンに戻ったのだろう。二人は結婚して一年たつが、ネルは末だに無垢なままだった。アレクサンドロスが父の苦境を救ってくれたのと引き換えに嫁いだにすぎないから。それに夫には愛人がいる。こんな生活に耐えられず逃げだしたところを、事故に遭ったのだ。うわべだけの気遣いを見せる夫にネルは憤った。「あなたなんて大嫌い!」彼女はわっと泣きだした。

内容(「MARC」データベースより)
結婚して1年たつが、未だに無垢なままのネル。夫には愛人がいる。ある日、そんな生活に耐えられず逃げ出した彼女は、自動車事故を起こしてしまう。知らせを聞いて病院にかけつけた夫に、彼女は怒りをぶつけるが…。

侯爵夫人と呼ばれて (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ソフィーはトレーラーハウスの清掃や内職をしながら、姉が遺した幼い娘を必死に育てている。ある日、姉の亡夫の兄、アントニオ・ロチャ侯爵が訪ねてきた。子供の存在を知り、一族に迎えたいというのだ。彼とは姉の結婚式に出席したときスペインで出会った。お互い、たちまち恋に落ちたと思っていたのに、なぜかふしだらな女と誤解され、あっけなく終わった。そして今、アントニオは、姪を渡すつもりのないソフィーに便宜上の結婚を申し出た。夫の自由が保証されるという、屈辱的な結婚を…。

内容(「MARC」データベースより)
ソフィーは清掃や内職をしながら、姉が遺した幼い娘を必死に育てている。ある日、姉の亡夫の兄、アントニオ・ロチャ伯爵が訪ねてきた。子供を一族に迎えたいアントニオは、姪を渡さないソフィーに便宜上の結婚を申し出た。

{電子たばこ} {美容外科} {高収入バイト情報} {ハロー!江東区!} {台東クラブ} {日暮里 鶯谷 上野 ニュース} {鶯谷・うぐいすだに} {横浜関内リラクゼーションサロンDIO} {東京ぶらぶら} {台東紀行} {千葉の印刷なら千代田印刷} {アキバ中毒のページ} {GOGO!江戸川区!} {鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」} {墨田区紀行} {幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク}
{背が縮み始めたら} {ロシアの読み物}

oooオーガニック千葉A GO GO!ooo 台東紀行ooo A&Dooo うまい米@千葉ooo 千葉自然公園探検ナチュラル派ooo 上野Guide~上野であそぼう~ooo 新鮮 魚料理を食すooo ~品川の街~ooo 将棋好き好き@千葉ooo ガシャポン戦死!ooo 山手線エリアのパスタooo 住宅ローンのことooo 東京ぶらぶらooo 山手線エリア~おすすめの定食屋~ooo 山手線エリアで食べられるおいしいパン。ooo ニコレスタイルmismo(ミスモ)ooo 千葉県の大学一覧ooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 国家の要!千代田区ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo